ドキュメンタリー

f0097528_835771.jpgあっっっっつい!



……そんなときは美術館。
先日、奈良市写真美術館へ行ってきました。もうすぐ終わっちゃいますが、写真や映画で数々のドキュメンタリー作品を発表し続けている本橋成一さんの展覧会が開催中です。
私は上映された当時に映画館で観た「ナージャの村」や「アレクセイの泉」に感銘を受けました。そのほか写真集でもいいものがたくさんあります。

展示を観て、特に初期の作品にあらためて驚かされます。デビュー前から、二十代でもうすでにものすごく突き抜けてる。何でしょう?天性なのか、純粋なのか、ドキュメンタリーというものが孕む様々な問題を、いとも簡単に(かどうかもちろん分かりませんが)ポーンッと飛び越えて、対象をとらえているように感じます。ものすごい嗅覚と反応。
そしてそれを長年にわたって続けるのもすごい。

モノクロ写真、いいなあ。ときどき無性に見たくなる。色を落とした世界が、スッと心を鎮めて、汗も引かせてくれる気がします。

本橋成一「在り処」(奈良市写真美術館)2017年4月15日(土)~7月17日(月祝)
[PR]
by pavilion-b | 2017-07-15 08:04 | イベント情報 | Comments(0)