バイパス

f0097528_2092443.jpg

新しい道ができていました。



久しぶりに国道163号線に乗って木津川沿いを走ったら、いつの間にか知らないバイパスが通っていて、思ったよりもずいぶんスムーズに行けました。
まず加茂を過ぎてしばらく行くと、お茶づくりの盛んな和束町への分岐点あたりから、新しいトンネルができています。以前は崖沿いの狭い道を迂回していたので、ずいぶん早く抜けられるようになりました。
「迂回した旧道んとこ、桜並木がめっちゃキレなんや。春は桜吹雪のトンネルなんねん」と隊長がなつかしそうに呟きます。

しばらく行くと笠置の大橋が見えてきて、平日ですが河原にはテントがいくつも張られています(以前はよく焚火したなあ)。
トンネルを抜け、レンガ造りの発電所が見え、JRの線路と並行しながら坂を登って行くと、また新しいバイパスが現れます。弓なりに曲がる長いトンネルをどんどん、どんどん行き、出たところからは、まるで見覚えのない山中をまっすぐに突っ切るピカピカの道。
「ああ、ちょうど大河原の駅んとこをパスするんや。狭いからなあ。あこは沈下橋が見えて、ええねんけど」
道はまだまだ、まっすぐ、まっすぐ。

「あ、思い出した!」とまた突然声を出す隊長。
「このへんの坂道のてっぺんに、ドライブインがあってん。昔この道歩いて東京まで行ったとき、クッタクタでそこ着いて昼飯食べたんやけど、あれは美味かったなあ。おばちゃんもええ人で。あ、ちょうどそんとき店のテレビで、北海道の有珠山か何かが噴火したってニュースを見たんや。ボーンって吹き上げてる映像。あのレストラン、バイパス出来たらなくなってしもたかな?」
と言っていたちょうどそのとき、バイパスが再び旧道に合流するタイミングで、件のドライブインが現れたのでした。
「あ!よかった。まだ営業したはる」

こうして新しい道のおかげで、予想より早く目的地まで辿り着いたのでした。


ちなみに目指していたのはコチラ↓(※宝島探し並みに迷います。要注意)
Gallery Den mym
絵画展「エソテリック」北川幸司(本館)、「白昼夢」中尾めぐみ(AIR南山城村「青い家」)開催中(2017.9.17-30)
[PR]
by pavilion-b | 2017-09-20 20:10 | 旅でござんす | Comments(0)