何で決める?

f0097528_811047.jpg

すこし前、外国人のお客様がいらっしゃったときのことです。



メニューを見たカップルの男性から、ペッペケペ?と何か訊かれました。とっさに理解できずに聞き直すと、どうやら3種類あるコーヒーから「豆の香りでチョイスしたい」と言っているらしい。そんなリクエスト初めて!

マスター(隊長)がいいよと応じると、彼は席を立ってカウンターへやって来ました。そして順にふたを開けた容器から、コーヒー豆の香りを確かめます。目を閉じて、フーンと静かに吸い込む。真剣な面持ちで。こちらもちょっと緊張します。そして徐に「これ」と中煎りの豆を指さしました。

ジロジロ見たら失礼だとは思いつつ、つい気になって飲む様子を窺ってしまいます。彼はカップを顔に引き寄せ、ゆっくりと香りを味わってから、口を近づけ……
「オゥ」
と一言。連れの女性に向かって自分の手柄みたいにニッコリと微笑みます。彼女の方は悠然と受け流す感じ。彼は一口ごとに小さく「オゥフ」とか「ホゥ」とか呟いていました。

あとで水を注ぎに行って、彼にどう?と聞くと、いいスマイルと親指を立てたポーズで、
「Good!」
二人は京都、奈良と来て、次は神戸へ行くのだそうです。無類のコーヒー好きな彼に対して、どちらかというと彼女は付き合わされている感じ。けっこう長期で回っている様子でした。いろんな旅がありますねー

いまや奈良の三条通りはすっかり国際通りです。十年前くらいとは様変わりしました。
外国人は肩を組んだり、手をつないだり、写真を撮ったり、思い思いに過ごしています。この前はついに、道端でバイオリンを弾いている金髪の女性を見ました。
[PR]
by pavilion-b | 2017-10-29 08:01 | 食いしん坊万歳 | Comments(0)