イングリッシュは突然に 2

f0097528_13271131.jpg

朝、スーパーへと急いでいたんです。特売の砂糖をゲットするために。



すると道で声を掛けられました。見れば、地図を手にしたアジア系とおぼしき母娘。
「この○○ホステルを探しているのだけど、道がわからなくて…」
「どれどれ…」
聞いたことの無いホステル。地図が示す場所はなんとなく分かるけれど、英語で説明するとなると難しすぎる場所です。
「じゃ、一緒に行きましょう!」と案内を買って出ました。

何せ二週にわたってニュージーランド人とコミュニケーションしたばかりですからね。ちょっとヤル気が出てる私。道すがら、オーストラリアのメルボルンから来たこと、日本は初めてなことなどを聞きつつ、調子よく歩いていきました。
ところが……、行けども住宅街ばかり。それらしい建物が見当たりません。

「おかしいなぁ。もう近くまで来ているはずだけど……」
キョロキョロする私を見て、母娘がだんだん不安そうな顔に。「この人本当に知っているのかしら?」という疑惑の視線に、私も不安が募ります。
そのとき、隠れ路地から外国人男性が!
地元民な私「この○○ホステルを探しています」
イケメン外国人「ああ、すぐソコだよ」
なんだ、こんな奥まったところに!隠れすぎだよ!(人のこと言えんがな)
迷える地元民と母娘は思わず手を取り合い、「やったーあったー(*^▽^*)」と大喜び。
ようやく笑顔の戻ったお母さんは、別れ際に「God bless you!」と言って手を振ってくれました。

朝から良いことをしたなぁ、と満足して歩いていたのですが……。まてよ?
God bless you、またはGod blessはそのまま訳せば「神のお恵みがありますように」とか「神のご加護を」という意味。ただ実際にはくしゃみをした人に対してよく言ったりもする、「お大事に」くらいの常套句です。
ひょっとすると、道に不案内な私に「あなた、このあとも道に迷わないように」との忠言だった?
[PR]
by pavilion-b | 2017-11-29 14:30 | 奈良さんぽ | Comments(0)