梅はまだかいな


f0097528_22552918.jpgめえめえ牧場で思いがけず遊び過ぎてしまいましたが、すぐ目と鼻の先にある月ヶ瀬梅林にも行ってみようということで足を伸ばしました。



観光案内等では「2月中旬~3月下旬が見ごろ」とありますが、今冬はご存じのように寒い!奈良市街地でもようやく蕾が膨らんだところなので、標高の高い月ヶ瀬ではまだ早いかな?とは思っていましたが…
まだ早かったです。シーズンなら平日といえども賑わうはずの土産店や駐車場はどこもガラガラ。1か所だけ駐車場の入り口に管理人が座っていましたが、広いスペースに車は1台もなく寒そうに身を縮めていました。外を歩くと空気がキーンとしてたもんなー
でも溜めたぶん一気に花開くかもしれないので、期待を高めて待つのも一興ですね。


f0097528_22544979.jpg続いてここからは目的地の探索です。いずれも前から話を聞いていたりして気になっていた場所で、とにかく山間部の隠れスポットなので目星は付けつつあとは現場をぐるぐる観察して見つけるしかないという、辿り着くまでがちょっとしたイベントなのです。
まず目指したのは旧田山小学校。9年前に廃校となった木造平屋の校舎を、クラフト工房やワークショップの場所として再生を試みている都市農村交流施設です。営業が第1~3土曜と第3日曜だけというcaféねこぱんさんも気になっていたのですが、お店の営業と重なりまず開店日に伺うことはできない宿命なので、せめて場所だけでも見てみたいと突撃してみたのでした。
が…、結果辿りつけず(T_T)。帰ってから改めて地図で確認すると、まさしく目の前を通ったはずなのに!やはり平日で開かれておらず気づかなかったのでしょうか…。残念。でももう場所は分かった(はず)なので、次の機会には必ず。旧田山小学校は見過ごしたけれど、急勾配の石段がある諏訪神社など付近は歩いてみたくなる風情でした。


f0097528_22551233.jpg最後の目的地はGallery Den mym(ギャラリーデン南山城村)。ここもまた山奥の隠れ家です。何故こんな場所にギャラリーが!? と頭に???が浮かぶこと必至。だからこそ、辿り着くまでも含めてアートたりえるのかもしれません。
以前にオーナーさんが弊店にもお越しくださって、ご自身らで古い農家を修復、改装されていると伺っていたので、興味津津でした。今は展示期間ではないのを知っていましたが、とりあえず場所の確認ということでアタック!
こちらは分かりましたよ♪かなりささやかではありますが主要な分岐路には看板も出されていますし、 HPに詳しいアクセス解説もご掲載されています。アポ無しなのでお邪魔してもいけないと思い近くまで行っただけですが、煙突から(たぶん薪ストーブの?)ほくほくと煙が上がっていたり、ほとんど骨組みだけになってシートに覆われた離れがあったり(パビリオンの工事を思い出す…)、ワクワクを掻き立てられる場所でした。
もうすぐArtist in Residence(滞在制作)の場「青い家」もスタートされるので、そこでのイベントも楽しみに再訪したいと思います♪

(めえめえ牧場のあとはすっかり写真を撮るのを忘れてしまっていたので、画像は前回に引き続きめえめえ牧場周辺の様子をお送りいたします~)

■月ヶ瀬梅林は開花情報を確認してから出掛けるのが吉。
月ヶ瀬梅林(奈良市観光協会)
月ヶ瀬梅林(月ヶ瀬観光協会)

■旧田山小学校の情報
京都・旧田山小学校のcaféと工房「は・ど・る」
[PR]
by pavilion-b | 2012-03-02 22:56 | 旅でござんす | Comments(0)