ムジークフェストなら2012-体験記

f0097528_21503829.jpg百聞は一見に如かず。
いつもはお店の営業と重なって夜や週末に多いイベントには行けないのですが、先週の土曜日は30分だけ早く閉店させていただいてダッシュで駆けつけました。「ムジークフェストなら2012」ビッグバンド・ジャズナイトへ!



いやぁ…。
なんというか、月並みですが、素晴らしい体験でした。
本当に音楽っていいですねぇ♪さらに生で直に聴くのが、最高に贅沢です!

私はビッグバンドというものにあまり親しみがなかったので、ほとんど先入観もなく、期待と不安が入り混じる中で開演を迎えました。でも幕が上がってステージからトランペットなどの圧倒的な音がドーンと弾けた瞬間から、もう終わりまでまるで夢の中でした。
トランペットやトロンボーン、サックス、管楽器って吹く人によって音色が全然ちがうんですね。楽器は拡声器みたいな役割だから、音を出しているのは吹く人の身体で、だからその人となりが出ている…みたいな感じ。良く分からないけれど、若い人の力強い血気溢れるような音がガンガン来るかと思えば、ベテランの老練な艶っぽい音がしっとりと包みこむように響いたり…、その競演がまた面白い。
そしてなんといってもゲスト・トランペッター田中洋一さんの演奏は圧巻でしたね。奈良市のご出身で、自己紹介では学生時代以来という奈良文化会館国際ホールでの凱旋演奏に感慨もひとしお…としみじみ仰っていました。さらに奥山ドライブウェイで若草山山頂へ到り、そこからあの素晴らしい大和盆地の夜景を一望し、再び余韻に浸りながら降りてくる…という実体験をもとに書き下ろされたオリジナル曲「OKUYAMA」には、会場からも割れんばかりの拍手が送られていました。あのひとときは満員の聴衆がみんなあの壮大な夜景を見ていたと思います。

今回私たちがムジークフェストなら2012で参加できたライブはひとつだけでしたが、音楽を生で味わうという得難い楽しみは十二分に体験させてもらえました。きっと他の公演も素晴らしい時間だったでしょう。
これは是非とも、是非とも奈良の恒例イベントとして定着してもらいたい!
気づくのが遅くて申込などを逃してしまった…という声もたくさん聞いたので、まずは地道に告知して根付かせたいですね。私たちにも協力できそうなことはできる限りやっていきたいです。
またビッグバンド・ジャズナイトは参加無料(要申込)でしたが、正直これは無料では申し訳ないな…と思いました。あまり敷居が高過ぎても困りますが、演奏者やスタッフの方々に最低限報いられるように、またイベント全体を向上させていけるように、必要な経費として適切な参加料が設定されることも必要だと感じました。
アンケート用紙にも気づいたことを書かせていただいたので、ぜひ来年の企画に活かされますように~

ムジークフェストなら2012 ※当イベントはすべて終了しています。
 Big Band Jazz Night / 田中洋一Groove-T
 2012年6月23日(土)19:00~(奈良県文化会館 国際ホール)

新日本三大夜景
田中洋一さんが仰っていました通り、なんと若草山からの夜景が「新日本三大夜景」に認定されているんですって!本当に素敵ですからね。ちなみに他の2カ所は笛吹川フルーツ公園(山梨市)と皿倉山(北九州市)。
[PR]
by pavilion-b | 2012-06-26 21:02 | Comments(0)