自転車に乗って

f0097528_1838931.jpg

春が来た!



いきなりすぎて面喰います。つい先週はまだ寒かったのに。
でも人も虫も正直で、暖かくなると途端に外へと繰り出しますね。往来は人で賑わっています。上着を手に持つ人、いきなり半袖の人までいる一方、まだダウンを着込んでいる人もいて、この時季ならではのバラバラぶりです。

さてわが隊長も虫のように外へと飛び出しました。
冬の間ストップしていたお店での作業を再開させると意気込んでいます。とりあえず庭をきれいにしたり、鉢植えを整理したりして、そのへんから試運転。
そして懸案だった自転車整備も。サドルの交換です。だいぶ前からビリビリに破れて傷んでいたのを、愛着もあってギリギリまで使っていたものの、とうとう取り換える決心をしました。

隊長の自転車は中学のときに以来、ともに走って30年!
タイヤやブレーキなど消耗品はもう何度も交換していますが、サドルは今回が初めて。つまりずっと初代のままでした。それだけに名残惜しかったようですが、もうクッションがボロボロに剥がれてしまい、お尻を打つ痛みには代えられず……
四国、九州ツーリングなど、これまでの長い長い道のりをずっと支え、尻に敷かれ続けてきた縁の下の力持ち。外したサドルの裏に刻印されていた「MADE IN ITALY」の文字に驚くと、隊長曰く「特別上等品なわけじゃなくて、たぶん時代だと思う」。

先週もたまたまお店で自転車の話になりました。
最近いい自転車に乗り始めたというマダムが、「やっぱりちがうわよ!スイスイ~っと軽くて。どこまでも行けちゃう」と興奮気味におススメされました。
実は私も最近また自転車に乗りたくて、物色しているのです。でも前までは安全優先で「ママチャリがいい」と言っていたのに、俄かに「スポーツ車もいいかも」と言い出したので、隊長には「ホントに乗るかなあ」と訝られています。
[PR]
by pavilion-b | 2018-03-14 19:35 | Comments(0)