メダカちゃん

f0097528_1782235.jpg

スイスイ〜のスイ。



水中を気持ちよさそうに泳ぐメダカを見ていると、ひととき猛暑を忘れられます。
実はご近所さんからメダカをいただいて、初めて飼うことになったのです。ずっと前から気になってはいたけど、なにせ植物も動物も私は育てるのが下手なので……。でもくださった先パイがとても生きもの好きで上手なので、アドバイスに勇気づけられてやってみることにしました。

「水は替えんでエエ。減ってきたら、置き水をちょっと足すぐらいで」
「エサやり過ぎたら濁るで。二日にいっぺんくらい、耳かき程度で十分や」
「ブクブクも要らん。あれするとな、かえって弱なる」
「外でエエねん。ノラ猫もいたずらせんよ」

基本、先パイは放任主義なのです。しかしそれがいいのだと。
水もふつう放っておいたら腐って濁るというイメージがありますが、エサをやり過ぎたり余計なことをしなければ、自然にバランスが保たれて澄んでくるというのです。実際にそれで何百匹も飼って増やしていらっしゃるので、説得力があります。

猫の件もちょっと心配でしたが、室内は休みの日だとこの猛暑で35度近くにまで達してしまうので、やはり水槽は外に置くことにしました。
そしたら数日後、様子を見に行ったらいきなり猫が! 近所の常連クロスケが、水槽の横で寝そべってる!!
近づくとクロスケはのっそりと(慌てて、ではなく)起きて向こうへ行ってしまいましたが、水槽のメダカはまったく無事でした。何事もなかったようにスイスイ泳いでいます。やっぱり先パイの言う通り。店の庭先でもできるだけ涼しそうなところに水槽を置いておいたので、猫もそこが心地よかったみたい。水槽にぴったり寄り添って寝ている姿はちょっとかわいかったです。

「慣れてくるとな、寄って来るで」
とも教えてもらいました。早くそうなるといいなあ。
今は仮住まいでちょっと水槽が狭いので、早く素敵なお家を見つけたいと思っています。すでに親バカです。
[PR]
by pavilion-b | 2018-08-08 07:27 | Comments(0)