そんなに急いでどこへ行く。

f0097528_20432756.jpg

嫌いな人はごめんなさい。また虫の話題です。



最近、道路を横断している毛虫が気になっていました。何が気になるって、速度が速いこと。茶色で毛がフサフサしていて、ちょっと可愛く……見えなくもないのですが、とにかく速い。毛虫にあるまじき速度でシュシュシュシューと移動しています。次々と、道路の端から端へ。宵の口によく見かけます。

なぜわざわざ道路に出てくるのか? 案の定、朝には車に轢かれたらしき姿も多数見かけます。危険を冒してまで出てくる理由は何なのか。
早速調べてみると、すぐに判明。同じように疑問に思った人が多かったようで、検索すると一発で出ました。毛虫はヒトリガという蛾の幼虫で、越冬の前に食べ物を求めて移動しているとのこと。そしてやはり足の速さが特徴みたい。まるで季節の歩みとの競争ですね。

虫のことを調べていて、もうひとつ気になっていたのを思い出しました。ここ数年、花壇に出没して困っている虫。毛はないのですが毛虫みたいなやつです。ある朝それが出没しているのを発見すると、もう一匹や二匹どころじゃなく、十数匹が一斉にスイセンや彼岸花の葉をむしゃむしゃ食べているのです。スターウォーズの悪役「ダース・モール」そっくりな赤と黒のハデハデ模様で、ぜんぜん可愛くありません。

こちらはハマオモトヨトウという、やっぱり蛾の幼虫でした。
ヨトウムシは知っています。夜のうちに葉っぱをムシャムシャ食べるやつです。朝にはもう地面に潜って寝てしまうので、最初に発見するのは食べている現場ではなく食べ終えた後の被害状況によってです。あれ? なんだか葉っぱの様子が変だぞ、と思ってよく見ると食べ散らかした痕。そこで日が暮れてから、懐中電灯を手に退治することになります。だから夜盗虫。
でもハマオモトヨトウの方は朝になってもお構いなしにムシャムシャやっていますから、その点でも全然可愛げがありません。一寸の虫にも、などと温情は見せず、見つけ次第成敗です。
[PR]
by pavilion-b | 2018-11-22 07:08 | Comments(0)