人気ブログランキング |

だ・る・ま・さ・ん・が

f0097528_726478.jpg

開店前に店の前を掃いていて、ふと振り返ると……



黒猫が座っていました。2匹。
実は馴染みの兄弟(たぶん)です。便宜上、クロスケと呼んでいます。
いつの間にと驚きつつ、そちらへ足を踏み出すと逃げるクロスケ。でもまた掃除を再開したら、そーっと背後に忍び寄る。素知らぬふりで掃除を続けると見せかけて、サッと振り向くと、慌てて兄弟もパッと身をひるがえす。まるで「だるまさんが転んだ」。

弟(ちょっと小さいほう)はやや距離を開けて、兄はより大胆に近づいてジッとこちらを見据えてきます。こちらが動かずにいると、前足をピタリと揃えてお行儀よく座ってしまいました。
どうやら兄弟は私がいる場所を通って向こうへ行きたいのです。だったら脇を抜けてサッサと行ってくれてもいいのに、私がいなくなるのを待っている模様。あくまでも「ワシらの」道を通りたい。

いやいや、こっちだって忙しいんだよ、とちょっと意地になって掃除を続けていると、しばらくは軽く目を細めたり、前足で顔を洗ったりしていたクロスケ兄弟も、何度目かに振り返ると忽然と姿を消していました。猫は消え方にもまた美学があります。

クロスケはよく店の周辺を巡回していて、ときどき他の猫とケンカしたり、屋根をドスドスと踏み鳴らしたりするのが厄介ですが、おかげで他の害獣が寄り付かないといった恩恵もなくはありません。ごくたまに植木鉢をひっくり返したりする悪戯を除けば。
今日もまた、掃き掃除をするたびに後ろを振り向いてしまいます。
by pavilion-b | 2019-01-19 07:38 | Comments(0)