新幹線の人

f0097528_7341441.jpg

つい先日、久しぶりに新幹線に乗りました。



日曜夜の東京行き。乗客も様々で、つい周りが気になってしまいます。
たとえば斜め前は若いビジネスマン。小さなパソコンを睨んで黙々とキーを叩いていたかと思うと、パタッと閉じ、徐に掌に「人」の字を書いて飲んだ! 今でもやっぱり「人」なんだ、明日は重要プレゼン? と興味津々。何となく「がんばれ!」っていう気持ちになります。

そうかと思えば隣に座った女子。20代のOLさんかな。席に着くなり「プシュッ」と景気のいい音がして、思わず見ればテーブルには柿ピー。ものすごく堂に入ってます。
まあ週末だしねー、と私もちょっと飲みたくなりました。が、びっくりしたのはその人が名古屋で降りたあと。次に座った女性もまた「プシュッ」と缶酎ハイを開栓! もちろん滑らかな手つきで。
最近は若い人ほどあまりお酒を飲まないとも聞きますが、また風向きが変わって来たのでは……。

私はごくたまにしか新幹線には乗らないので緊張気味に座っているのですが、ほとんどの人は慣れた様子で思い思いの過ごし方を持っているようです。
やはり多いのはスマホ。ある女の人は1分おきくらいにスマホを置いたり手に取ったりをずっと繰り返していました。ほかにもゲームをしていたり、絵を描いていたり。一方で昔みたいに折りたたんだ新聞や雑誌を読む姿はほぼ見ません。

あと意外だったのはマスク率。私自身、人混みに行くとあってマスク必携で臨んだのですが、新幹線や東京方面では思ったよりもマスクをしている人が少なくて拍子抜けしました。ニュースでもさんざんインフルエンザの大流行に警鐘を鳴らしていたので、都会ではさぞかしと思っていたのですが……。見た印象では、関西より関東のほうがずっとマスク着用は少なかったです。ファッション的な問題?
by pavilion-b | 2019-02-10 07:38 | 旅でござんす | Comments(0)