人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヤモさん

ヤモさん_f0097528_20344881.jpg
最初はチリトリの裏にいたんです。



ヤモリ。
「ヒャッ」と声が出そうになって、でもよく見ると目が真っ黒でクリクリしてとってもかわいい。ただ全然動かない。隊長を呼んで、
「生きてる?」と恐る恐る聞くと、
「生きてなかったら壁には張り付かない」と冷静に返されました。

「これはヤモリ? イモリ?」
「灰色だからヤモリ。イモリは黒くて、腹が赤い」
「目が見えない?」
「えっと、どっちだ? ヤモリもイモリも夜行性のはずだけど……」
虫を食べるなど、家を守ってくれるからヤモリ。見た感じ昼間はいかにも鈍そうなので、人目につかない場所に隠れていてくれるなら、と言い含め(?)、そっとしておくことにしました。できれば蚊をたくさん食べておくれ。

ところがヤモリさんは翌朝も同じチリトリの裏にいたので、なんだ君は本当に夜しっかり働いているのか? と咎めるように箒の先でつついてみたら、尻尾をピロリ。わ、やっぱり生きてる。ただなんとなく元気がないようにも見えます。
「ひょっとして病気? 弱ってるんじゃない?」
「うーん。ヤモリにも病気とかあるのかな? ウィルス性の感染症とか……」

よく知りませんが、鳥や豚や人間のように、ヤモリにも特有の感染症があるのかもしれない。もしかするとそれを専門的に研究している人も、世界にはそれなりにいるのかもしれない。とはいえ、ヤモリ界がそれに困っていても、人はまず気づかないでしょう。人知れずパンデミックが起こっていても、マスクもなく、もちろんワクチンもなく、ただあるがまま、眠ったり、虫を食べたり、卵を産んだり、日々を過ごすのでしょう……

さらに翌朝、ヤモさんはチリトリの裏からいなくなっていました。
大丈夫かな、病気じゃなかったかな、と心配しつつも、動き回れるんだということに安心もして、鉢植えに水やりをしていたら、突然ピョン! と飛び出すものがいて、また「ヒッ」と声が出そうになりました。ああ、生きててよかった。ごめんなさい。ヤモリは水が嫌いなんだって。

by pavilion-b | 2021-06-04 21:58 | Comments(0)